緊急経済対策2020年04月12日 00:41

もともと肩凝りだけれど、最近特に肩が凝る。
双肩にかかる責任の重みってヤツだろうか。
めまいがする。

議論百出で何を信じていいのか??だけど、
個人的には、日本の感染症対策はここまで
かなり頑張っていると思う。

尾身先生は2/13時点で
「死亡者数を最小限にする」ことを目標として
掲げられていた。

そして現時点では、新型コロナによる
日本人の死亡者数は120人ちょっとと、
人口対比で他の国と比べて著しく低い。

イタリア・スペインは言うに及ばず、
PCR検査の徹底で賞賛される韓国が
10万人当たり0.4人に対して、日本は0.05人。
ちなみに重度の肺炎患者は全員PCR検査が
行われているそうなので、死亡者数は
信じていい数字だと思う。


問題はここからだ。
感染症で死ぬ人を抑えても、感染症による
不況で死ぬ人が増えては片手落ちだ。

2018年の日本の自殺者は約2万人。
その内景気と逆相関するとされる男性の
自殺者は1.4万人。実際リーマン不況時は
平時より毎月200人以上多く自殺している。

だから経済対策も、感染症対策と並んで
緊急性が高い。


お役所もがんばってくれているとは思う。
でもなんだかチグハグな感じだ。

資金繰り支援は大変心強い。
が、具体的方法・手順が市中の金融機関に
落ちていない。間に合うのか?

雇用調整助成金の手続きが大幅に簡略化
されるのは素晴らしい。が、
1人1日8,330円の上限付きでは、せっかくの
9割助成が活きない。使わせる気あるのか?

資金繰り支援は結局は当座の話なので、
需要を喚起しないことには快方には
向かわないのだけど、これについては、
旅行や飲食等一部に対してしか策がない。
それGDPの何割に波及する?

などなどなど。


我々個別企業の経営者がまず第一に
頑張らないといけないのは確かだ。

けれども、
自助努力だけでは歯が立たない状況もある。

国民の命を守るのが国の仕事であるならば、
“過去最大108兆円” とか
“リーマンショックの時を上回る” とか
飾り言葉ばっかり誇ってないで、
もっと実直に中身を詰めて、補正するものは
さっさと補正してもらいたい。

ちなみに、どうやら真水は16兆円しかない。

ちなみに、雇用調整助成金に関して言えば、
リーマン不況時は1人1日8,330円の上限は無く、
その面では上回っていない。


感染症対策を見習って、
外野から何を言われようと目標をブラさず、
合理的な戦略を着実に執行してもらいたいと
切に願う。


あ、もしや肩凝りが酷いのはジムに行けなくて
ヨガができてないからか???

やっぱり、コロナのバカ!!!

まだ、死んでない2020年04月09日 00:13

コロナビールを飲みながら
スーパームーンを見ている。

開始ゴング早々ボコられて
ピヨっているが、まだ、立ってはいる。

月がキレイだ。ビールの味もわかる。
まだ自分は感染、いや、
少なくとも発症はしていないようだ。


期が始まって1週間で2割見通しが落ちた。
まだ底に至っている感もない。
しびれる。

2月の中国新車販売が対前年8割減、
他地域も次々都市封鎖に入ったのだから
当たり前ではある。
今車を買う気分な人、世界中でレアだろう。

いやむしろ、
3月中カンバンが落ちなかった方がおかしい。
落とさなかったヤツ出てこい。
残業しちまったじゃないか。
決算配慮?有難迷惑だ。

減産の時はいつも、ユーザーから一番遠い
我々素形材屋が一番大怪我をする。
一番最後に、一番高い崖から落とされる。
各段階で在庫がダブつききってから、
カンバンが止まる。むろん回復も一番遅れる。
TPSも落ちたものだ。
大野耐一さんも泣いておろう。


そうは言っても、まだ2割減。
飲食等サービス業は半減以下もザラと聞く。
まだ恵まれている方だ。

中国復調の報も、まぁまぁ確度がありそうだ。
封鎖から2カ月で回復基調に入るペースが、
欧州、北米にもあてはまるなら、
まだ今期にも希望はある。

予定より1日早くGW入りする案も、
社員はそれなりに受け入れてくれそうだ。

公的支援という人工呼吸器もある。

まだ、死んではいない。

円高・モジュール化なんのその2011年09月11日 01:05

↑JPY実質実効レート
(日銀のサイトでデータを引いてみた)


久しぶりに勇気づけられる記事を見た。

富士通とソニー、国産パソコン輸出拡大 日中コスト差縮小で(日経)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E3E2E297988DE2EAE2EBE0E2E3E39F9FEAE2E2E2;at=DGXZZO0195165008122009000000

Q) 富士通、ソニーがパソコン輸出を拡大する。富士通は生産ライン
に複数の作業をこなせる多機能型ロボットを導入し、2013年度に
11年度の3倍強にあたる220万台を輸出する。ソニーはパソコンの
設計から生産までを長野に集約して「日本製」の旗艦機種をアジア
などに輸出する。国内工場の生産革新と中国の人件費高騰で日中
のコスト差は縮まりつつあり、各社は高品質の「日本製」で新興国
市場を開拓する。(UQ


シンガポール人とのやり取りの実体験。

シ曰く「(筆者のPCを見て)日本人はやっぱりMade in Japanか。」

筆「??君もVAIO使ってんじゃん???」

シ「VAIOはMade in Taiwanの安モノだ。」「FujistuのLaptopはみんな
 日本で作ってるからモノがいいんだろ?」


恥ずかしながら富士通のノートPCが国内製造だなんて、

このとき言われて初めて知ったし、

そのときはモノがいいかまで判断つかなかったのだけど、

幾多の試練を乗り越えて、今もそのFujistuこのブログを書いて

いるところからして、やっぱモノがいいんでしょうな。


パソコンですよ。

コモディティ化して、モジュール化して、水平分業が進んで、

円も人件費も高い日本で、スマイリーに付加価値の無い組立てを

するなんちゃあ、

きゃりーぱみゅぱみゅだって無しだぜ、的な扱いだったパソコンが

輸出3倍強!!ですよ。



「輸出」と言ったら二言目には「円高」が来る今日この頃ですが、

おかげでウチも国際市況系の原材料が安く買えているし、

今の水準なら実はなんとかなっちゃうんではなかろうか、日本企業。


普段は自身の発言の重さをきちんとわきまえて
(どっかのアホ大臣と違って)

慎重な物言いに終始している白川日銀総裁が

「(量的緩和不足との批判は)明らかに事実に反している」

なんて、珍しく率直な物言いをしているように、

データを見る限りは、今の円高も世間の騒ぎ程では無いようだし。
(上のチャート参照)



行けるね。自動車産業、国内に残せるよ。

持久戦に持ち込めれば、そのうち中国はクラッシュするだろうしさ。

頑張ろう、にっぽん。頑張れ、俺。

創電しよう。そうしよう。2011年08月15日 23:59

私の仕事をしている製造業には「ムダとり」という習わしがありまして、

生産性向上には、まずムダを取り除くことから始めよと教わります。

「カイゼン」の第一歩ですな。


てことで電力不足への対応も「ムダとり」から始めたらどうかしらん

と調べたら、ズバリあるじゃないですか「Losses」が約5%も!
http://www.iea.org/stats/balancetable.asp?COUNTRY_CODE=JP

これはどうやら送電時の電力損失が大半だそうです。

これを無くせれば節電目標15%の1/3に目途が立つと。


根本的には、送電するから送電ロスが起こるのであって、

これを無くすには、送電しなきゃいい、

つまり電気も地産地消を突き詰めればよいわけです。

スマートグリッドであり、小規模分散発電ですな。


発電方法は多種多様な方式のミックスがいいでしょう。

太陽光・風力はもちろん、マイクロ水力なんかも有望な気がします。

変ったところでは、振動力発電なんてものあります。

またHEVなんて見方によっては、ガソリン発電機+電池ですから、

家庭用燃料電池(=水素発電機)なんかとセットで普及させると

電力ソースの多元化という意味でも有効だと思います。

そう考えると消費一辺倒のEVはやっぱりニッチ路線か??



個々の発電効率が既存の大規模集中型発電に劣るので

本末転倒じゃあないか、というご指摘はあろうかと思います。


確かに。現状ではその通りでしょう。


ただし地産地消多様発電モデルは、相対的に参入障壁の低い市場を

形成しやすいでしょうから、中長期的には、上手くビジネスを誘引

することで競争を通じたスピーディーな技術進歩を望むことが

できるはずです。


そちら側から眺めてみると、大規模集中型発電モデルというのは

利権誘導型の“国土の均衡ある発展”とあまりに良くできた

組み合わせであり
(昔の日本人は構想力に長けていたもんだ。)

それであるがゆえに時代が変化しても変われず、

その権化のような原子力に行きついてしまったのでしょうね。


絶対安全だけど”念のため”人も仕事もない田舎で発電しましょう。

消費地まで遠いから“送電ロスを減らすため”高電圧で送りましょう。

高電圧は危ないから”安全のため”施設・設備には金をかけましょう。

もちろんメンテナンスも手厚くやらないとね。。。

みたいな。



だいぶ話がそれました。

製造業の習わしに戻ると、「ムダとり」は、極めると創造的作業になる

そうなのですが、我々凡人はどうも“後ろ向き感”を払しょくできず

あんまりやっていると会社が暗くなってくるきらいがあります。


節電も同じなんじゃないかと思うのです。

今年はまだ「頑張ろうニッポン!」で乗り切れるかもしれませんが、

来年も、再来年も、なんてもうウザったさしか残らない。


「がまん」とか「清貧」とか、高尚で結構なのですが、

盛り上がらんのです。


だったら「創電」を考える。

どうせたくさん使いたいんだから、巧く創ることに知恵を絞る。

巧く創れるようになったら、

恩着せがましく新興国に売ってあげて、左うちわ。

これがいいと思いませんか?

人口とGDPとCO22011年01月04日 00:41

あけましておめでとうございます。

今年はボチボチと投稿を増やしていきたいと思っていますので

ときどき見に来てもらえるとうれしいです。


前回アップした『200 Countries... 』に刺激されて

少しデータを作ってみました。


日本 vs U.S. vs アジア諸国
 Per Capita GDP x 人口 = GDP 時系列アニメーション(左下再生ボタン)
http://www.google.com/publicdata/explore?ds=d5bncppjof8f9_&ctype=b&strail=true&nselm=h&met_x=sp_pop_totl&scale_x=lin&ind_x=false&met_s=ny_gdp_mktp_cd&met_y=ny_gdp_pcap_cd&scale_y=lin&ind_y=false&idim=country:USA:JPN:SGP:CHN:IND:KOR&ifdim=country&pit=1230768000000&hl=en&dl=en_US&uniSize=0.035&icfg=CHN:::1960%7CSGP:-48:-318:1960%7CIND:::1960%7CJPN:158:-161:1960%7CUSA:97:-278:1960%7CKOR:24:-190:1960&iconSize=0.5

 Per Capita CO2排出 x 人口 = CO2排出 時系列アニメーション
http://www.google.com/publicdata/explore?ds=d5bncppjof8f9_&ctype=b&strail=true&nselm=h&met_x=sp_pop_totl&scale_x=lin&ind_x=false&met_y=en_atm_co2e_pc&scale_y=lin&ind_y=false&met_s=en_atm_co2e_kt&idim=country:USA:JPN:SGP:CHN:IND:KOR&ifdim=country&pit=1167609600000&hl=en&dl=en_US&uniSize=0.035&icfg=CHN:::1960%7CSGP:-48:-318:1960%7CIND:::1960%7CJPN:158:-161:1960%7CUSA:100:-273:1960%7CKOR:24:-190:1960&iconSize=0.5


当然ちゃあ当然ですが、2つのグラフの動きはよく似ていて

他がタテの動きになっているのに比べ、中印はヨコの動きです。

中国がやっと最近タテに動き始めた程度。

つまり、

今の先進国が辿ったのと同じ経済発展パターンを中印がとれば、

地球環境は終わりだいうことです。

『消費』に代わる幸せの指標を早く見つけないといけません。


それにしても

こんなチャートがちょちょっとできちゃうなんて。。

ITの進化は早いねぇ。