Brand "JAPAN"2009年07月08日 07:59

先日のパリからシャルルドゴール空港に向かう列車は、異様でした。


東京のラッシュアワーのトラウマが蘇るOVER 200%の乗車率。

しかも乗客の大半が、コスプレ。


暑いし、コスプレイヤー達は既にハイになってるし、

本当に、なにか悪い夢でも見ているようでした。


はたして彼らは空港の少し手前の駅でで降りていったのですが、

その時車窓から見える風景は、ディズニーランドのオープン時間直前に

リゾートライナーから見えるそれみたいでした。確実に千は超えてた。

しかも大半が、コスプレ。


たぶんこれですな↓

『第10回ジャパンエキスポ』
http://www.eurojapancomic.com/fr/japanexpo.shtml


去年の参加者は13万4千人だって。

フランスでコスプレが流行ってると聞いたことはあったのだけど、

まさかこんな形で実感させられるとは思わなんだ。


でもま、見たところアキバの小太りメガネwith紙袋男どもよりも

もちっと健全そうな若者たちが、楽しそうに

お互いの装束を語らっているところを見るに、

日本のそれとは微妙に違う位置付けの遊びとして

フランスに受容されたのかもしれません。



だとすると、これはきっと喜ぶべきことなのであって、

もしかしたら後の世ではこれと、フランスの画家たちが浮世絵から

多大な影響を受けたことが、並べて語られちゃったりするのかも。

もしかしたらね。


日本発、フランス経由、世界行き。


好い流れじゃないですか。

そういえば甲殻機動隊が最初にウケたのもフランスだったかしらん?



こんなことを書くと、未だ脱亜入欧の卑屈根性でとうする!とか

お叱りをもらいそうなのだけど、もちろんそんなつもりはないのです。


ただ感じるのは、

我々は我々の国の世界の中での立ち位置をはっきりさせることを

今まで怠ってきていて、

おそらく未だそれを実行するスキルもノウハウも足りないということ。

その結果が、フランス経由、かと。


しばらく国外に居て、いろんな国の人々と接していると、

彼らの中で"JAPAN"のPerceptive Valueが、今でも意外なほど

高いことに気付きます。

"Made in Japan"の工業製品への信頼、和食への賛仰、

旅行先としての人気。

日本人である自分への世辞分を割り引いても、

他に比肩できる国はそうは無い程に多様な要素で評価されています。


この高い評価は、先人たちのひたむきな努力の賜物であることは

疑いようもないのですが、

その一方で、このほとんどは結果としてついてきたものであって、

意図して能動的にブランディングをして作り上げたものではないのも

事実かと思います。


そして、

残念ながら善意のみで成り立っているわけではないこの世の中では、

誠実正直に努力していればいつかは、、、という考えは

必ずしも保証されたものではないと思うのです。



海外の多くの"Japanese Restaurant"で、ただのマズい料理が

不相応な値段で提供されている現実は、

“和食”というブランドを共有資産と考えれば、まさに

経済学で云うところのThe Tragedy of Commonsで、

学問の示すところでは、究極的には、和食のブランド価値の崩壊と

顧客を含めた全関係者の利益総和の減少に向かっているわけです。



先人の汗で築かれた"JAPAN"というブランドは、

容易なFree Ridingへの対処を怠ることで

簡単に棄損する状況にあるし、

実際に色々な分野で既に棄損していると思います。


工業製品がコピーとの終わりの無い戦いを続けているのは

広く知られているでしょうが、

戦うべきフィールドは工業製品にとどまらないはずです。



シャンパンが何故長きにわたって他の発砲ワインに対するプレミアムを

維持できているか?

それは決して、商品の研鑽だけの結果ではありません。

"Champagne"というブランドを共有資産として育て、守るための

業界全体での努力があってのことです。


事実、この業界横断での協力の枠組みが無かった時代、

"Champagne"ブランドは供給過多とFree Riderによる粗悪品の氾濫で

一度地に落ちました。



ちなみに一点強調しておきたいのですが、自分は、

"Japan"のものは常に日本のホンモノと全く同じでなくてはいけない、

と言っているわけではありません。


レストランの例でいえば、その場所の人々の趣向に合わせた

Localizeはもちろん行われるべきだし

そのようなレストランが増えることは、むしろ喜ばしいと思ってます。


日本に数ある“中華屋”は、中国人に言わせればマガイ物でしょう。

でもリーズナブルな値段で日本人好みの味を提供し、

日本人の生活に溶け込んでいます。

こういう形で和食が広がっていくのは大歓迎です。


だって我々は街の中華屋とホンモノの中華は別の物ととらえているし、

少々評判が悪い店があろうが、それが“中華料理”というブランドを

傷つけることはないから。


重要なのは明確なホンモノとそれ以外との区別であり、

それがブランディングの肝だと思うのです。



我々日本人は、主に商品やサービスそのものへの真摯な努力を

地道に積み重ねることによって

"JAPAN"というブランドを築いてきました。

それはとても素晴らしいこと。これからももちろん続けるべきこと。


でもこれからの、

日本の相対的な競争力は落ちざるを得ない状況に際しては、

結果としてついてくるものとしてではなく、

意志を持って戦略的に"JAPAN"ブランドを築くこと、守ることも

決して欠いてはならないことのはず。



コスプレからずいぶん話が膨らんだもんですが、、。

でも帰国に際しての今の素直な気持ち。